【招いてからでは遅い!病気の事】記事一覧

総ビリルリンと黄疸にははっきりとした関係性があります。また、黄疸にも種類、特徴などがあります。今回は、その疑問について詳しくまとめてみました。○黄疸と総ビリルビンの関係性黄疸とは、総ビリルビンが何らかの異常で血液中、または組織中にたくさん増えてしまい、皮膚、粘膜が黄色くなってしまう病気です。なぜ、皮膚、粘膜が黄色くなってしまうかというと、総ビルリンが黄色い色素だからなんです。そして、総ビリルリンの...


総ビリルビンの数値が高いとさまざまな、肝臓の病気が考えられます。今回は、どんな病気が考えられるのか調べてみました。総ビリルビンの数値が高いと、このような肝臓などの病気が考えられます。○高ビリルビン血症○膵臓疾患(急性膵炎や慢性膵炎など)○溶血性貧血○膵臓がん○胆嚢疾患○黄疸○慢性肝炎○急性肝炎○うっ血肝障害○肝硬変○脂肪肝○肝臓がん○敗血症○バセドウ病そして、総ビリルビンとは間接型ビリルビンと、直...